からめ

からめ

創作BLを公開しています。

◆小ネタ『気になる股間』(八割男性×自由人)

「今月、調子どうですか?」

「おはぁぁぁ?!」

 様々な形のコピー機や、製本機械、文房具の置かれた準備室の壁際、コピー機前待機中にスマホを起動させたその時、その油断しきった耳に突如湿っぽいイイ声が注がれれば誰だって叫ぶ。

「ハンクさん……っ」

 ハンク・ルーキンという男は、べらぼうに顔がよく声が甘い。キラキラと輝く金髪に見とれているうち、いつのまにか大きな碧い目に捕まる。常に笑っているような、優しい形の目、それがこの男についているだけで、何故こうも怪しく光って見えるのか。

「あっ、……すみません、耳敏感でした?」

 おまけにこのハンクという男は、このように、しれっと性的な言い回しをしてくる。女であった過去を持つリャマは、セクハラですね、とその度に注意しているが、いつも悪びれない。自由人め。

「リャマさんは、私みたいな男は好みじゃないですか?」

「貴方が女だったら、割と好みドンピシャですよ」

 リャマは、過去女であった、といっても、第二次成長のはじまる前に男性化してしまった『転換者』である。身体は骨格から男極まりない男で、どの部位をとっても一般的な男性より逞しい。貧しい国に産まれ、兵士として生きていこうと男性になった境遇故に、女心をなかなか捨てられないでいるが、性欲は普通に女に向かう。第二次成長前に、転換してしまったから脳みそまで男性になってしまったのか。女であるリャマがそもそも女好きの女であったのか。

「逞しい背中ですね」

「あなたほどじゃないですよ」

 お互い、フィートで60以上ある長身の部類である。冗談の褒めあいに、それが事実である自覚から来る誇らしさが互いに混ざった。

「……ホントに、付いてないんですか?」

「またそれ聞きますか?いいんですよ、触っても」

「さすがにそれは、できません、……女性の陰部をまさぐるなんて」

「できないなら諦めて信じてくださいよ」

 短い栗毛をがしがしと掻いて、リャマは大きく溜め息を吐いた。何故、この男はここまで、リャマの少しだけ人と違う体をいじりに来るのか。物珍しいからなら無粋だし、リャマに興味があるというなら彼が男性である時点でお断りだ。リャマは美女か、少年が好きで男はそこまで好きじゃなかった。男性器を持たないリャマの性行為にはどうしても視覚的な満足感が必要で、乱して興奮できる相手でなければそもそも性行為が成立しない。

「どうやって、セックスするんですか?」

 ここまで、ズケズケ言われたら流石に怒ってもいいだろう。少し怖がらせてやろうか。キッ、と睨むとハンクは少しだけ驚いた顔をして、しかし次を待つ表情になると口端を上げた。

「ここにね」

 ハンクの尻たぶは、掴むと思ったより柔らかかった。リャマの中指が、くりっと慣れた動きで中心部を責めると、ハンクは動揺してリャマを押し退けようとした。しかし、背丈こそハンクが僅かに高いものの体重も筋肉量もリャマの方が格段に上である。グッとハンクの身体に貼り付くと、尻穴にめり込ませた指を更に深くまですすませて揺すり、快楽を誘った。

「……っ、何を」

「ここに色々なものを挿れさせて貰って、興奮するんですよ」

「ちょっと……、っ、指……っ」

「耳赤いね、可愛い」

「やめてください……」

「あれ?私、男もいけるかも……」

「……は?!……、……あ、やめ、……アッ……?!」

「ん?ここ?」

「や、……リャマさん!!」

「はい、なんでしょう?!」

 ハンクの声に怒りが混じったため、すぐに解放して両手を上げる。何もしませんよ、のポーズをとって安心させると、ハンクの額から汗が一粒。ハンクはそれをハンカチで拭うと、ふと、リャマの股間に目をやった。

 ぽふ、と静かに股間をタッチしてきたハンクの手は男のものにしては綺麗だった。

「えっ?!」

「ぶっフ」

 そこには、偽の男性器がきっちりと設置されている。触ってみろと煽ったのは、興味本意な人間の、こういう顔を見たいから。

「……えっ、し、下も男性でしたら、……もう、男性ですよね?!」

「偽物だよ、このちんこ」

「偽物?!」

 リャマの股間を、もはや、がっしと掴みながら、ハンクが叫ぶ。面白い。

「本物だったら、貴方の真っ赤な耳にやられて勃起しちゃってるでしょ」

 ハンクの耳に口を寄せて囁いた。すると、ハンクの肩がピクリと動いた。

「すみません、耳、敏感でした?」

 楽しくなって聞くと、ハンクは一言、セクハラですねと呟いて笑った。

 

 

http://clap.webclap.com/clap.php?id=karame2440352

◆小ネタ 『湯たんぽ』(強面俺様×強気な相方)

 永吉という男は、とにかく身近で都合のいい男だった。性欲をぶつけるのに丁度いい。お互い慰めあうために交わっていた。

「ウ……、ぁ、あか、き……、はぁ、ウ……んぅ、んんッ……ん、んく」

 ずっぷずっぷと永吉の尻穴に、猛りを勢いよく挿し込んで、永吉の内側でふつうより少し太い己を容赦なくしごきまくる。茶屋では時々、その大きさ故に拒絶されることもある逸物だったが、永吉はぶつくさ文句を言いながらも、いつも受け入れてくれていた。

「……っや、ンぅ、動き、はや、……はゃ、いッ……、あか……ァ、ァッ……あ」

 放出が近付くと、赤鬼の動きは小刻みに速くなり、永吉の身体が強張って身構える。その反応は少し可愛かったが、何も永吉ばかりが示す反応ではない。抱かれている者特有の緊張。それを、この気安い友人もするのかという小さな感動。

「はぁ、はぁ……ァ、あ……ぁ」

 ぴしゃぴしゃと内側に注がれるものを感じ、永吉の乳首と逸物が勃起した。射精されて感じてしまうなんて、淫乱が過ぎる。怒られるから口には出さないが、永吉は抱かれるのに向いたからだをしていると思う。だから赤鬼も、思い切り欲をぶつけることができた。

「なんでまだ萎えねぇんだよ」

「おまえだって元気だろうが」

 毎夜、仕掛ければ必ず応じてくれるから、赤鬼は永吉の機嫌をとることなど欠片も考えないで済み、それがまた永吉を軽んじる己に拍車を掛けていた。あまり、やりたい放題しては可哀想かと思う一方で、こいつなら大丈夫だろうとも思えた。

「もう、……コレッ、何回目、……だっ、ア、も、……明日、ダメになっ、からぁ、やだ、……も、あぁッ」

 風通しの良い縁側で、雪崩れ込んではじめた。永吉との性交は、いつも気が付くと我を忘れ腰を振っていて、はじめるともう止まらなかった。

「三回目くらいか、……あと二回すれば終わる」

「……も、もっとやってる、ぜった……もっ、ァッ……ひ、ぃっか、一回止まッ……、冷えてっ、きぁッ、赤鬼ッ、……寒ぃからっ……移動、……ッ……」

 涙声の永吉に、肩をバシバシと叩かれてはじめて、汗だくで夜風に長時間晒され、冷えた永吉の身体に気が付いた。赤鬼と繋がった陰部だけ、どろどろに熱いのがいやらしい。

「急には止まれん」

「ん、……う、かぜひ、ひぅ、……ッ……から」

 永吉の尻穴は、何度も精を注がれて、ぬらぬらと蠢き悦んでいたが、永吉自身は疲弊していた。赤鬼にしがみつく腕に力がない。永吉の大きく開かれた股の間、腰はしかし止まらない。いつもよりまだ回数が少ないのに、待ったを掛けられてむかむかに襲われる。赤鬼の性欲がいかほどか知っている癖、なんて思い遣りがないのか。どうしてあと少し耐えようとしてくれないのか。

「……きつ、……キツい、赤鬼……、っ寒い、ァッ……、あっ、なんで、止まれっつってんのに……、逆に激し……なっン……、も……やめっ、ン……」

 永吉の、いつもは低く透き通った声が、高く裏返って熱を帯び、涙で濁っている。赤鬼は永吉の膝を掴むと、股割きをするように開いて引っ張った。奥がビクビクと痙攣し、太腿がバクンととれそうなほど開いた。

「ヒあ゛?!ァッ……ンはッ……アアア?!ぁ゛ッ……?!」

 ひんやりした尻たぶを掴んで、ずんと腰をすすめると、永吉との繋がりが深まり、永吉の逸物が勢いよく白濁を噴いた。

「ひっ、ゥ……、ッ……ふ、ンン……ッ……」

 永吉が言葉にならない言葉をこぼし、感じ入っているのが愉快で、その深さを狙って体重を掛け、何度も腰をうちつけると、パァンパァンと肌のぶつかり合う音が響いた。

 

「……赤鬼、見ろ」

「ぐしゅぐしゅだな」

 翌朝、風邪を引いて不機嫌な永吉と床の中で顔を合わせ、ほんの少し心が痛む。

「てめぇのせいで、熱まで出てる」

 ごわごわ布団の中、腰と腰が触れているせい、何となくいつもより永吉の体温が熱いのには気が付いていた。

「うつすなよ」

「そこはまず俺の心配しろよ、この野郎、絶交だ」

「……俺と絶交したら寂しいぞ」

「そんなんわかってら、言いたいだけだ」

 好き勝手に抱いた体に手を回すと、ピタリと引っ付いてきた。腿と腿が重なりあって汗を掻く。永吉の体から、甘えるような熱がじわじわと漏れ出してきて、愛しく思う。今は柔らかい永吉の性器の感触が腰に、ぽつんとした乳首の感触が脇に。気紛れにいじくることを許されている、他人の敏感な部位の存在に、妙に安心してしまう。酷くしても、こうして慕ってくれる永吉に甘えながら、どんなに尽くしても白けており、追い掛ければ追い掛けるほど遠退いていく青鬼を思う。こんな勝手な男だとばれたら、嫌われてしまうだろう。

「赤鬼は俺のこと、何とも思ってねぇだろうけど……、俺は赤鬼、おまえのこと結構好きなんだぞ」

「あ?!」

 永吉を捨て、大陸に渡ってしまった李帝のことを、永吉はもう諦めてしまっているのかもしれない。ときたま、こうして全力の心を、赤鬼にぶつけて来る。

「だから、あんまり雑に扱われると、ちょっと傷つく」

「……悪かった」

「俺は、好きで、抱かれてる……、あんただから股開いてるんだ、わかってんのか?」

「わかってる」

「わかってるんなら、いいけどな」

 永吉は言ってから、ひとつくしゃみをして、溜め息をついて起き上がった。

「うつすから、離れる」

「……」

 いじらしい永吉は、抱き寄せようとした赤鬼の腕を避け、布団を出ていった。追い掛けて後ろから抱き止めると、黙って布団に引き摺り込む。

「風邪、うつるぞ」

「寒さにはかなわん」

「俺は湯たんぽじゃない」

「湯たんぽだ」

 

 

 

http://clap.webclap.com/clap.php?id=karame2440352

◆小ネタ 『なしなし』(世話焼き攻め×マイペース営業マン)

 のっぺら坊種の野平には顔がない。妖力を消費し、誰かの顔をつくる。誰の顔がいいかを自由に選べる変わり、社会人として働く際には、常に誰かの顔を借り……妖力を消費しなければならない。

 童の姿で時の止まった一本もまた、社会では大人の姿を保つよう要求され、妖力を消費して体をつくらねばならない。

 野平は一本が営業部で働いていた時、部下として入ってきた。そしていつの間にか一本の顔で出勤してくるようになった。理由は一本を尊敬しているから、だという。一本が体をつくる負担に耐えきれず、営業部を去ると、野平は一本の代わり、頼りになる中堅として活躍するようになった。無理して大人になった一本の顔は、本来のこどもである一本の顔とはまったく別もの。一本がこどもの姿で社内業務をこなしている間、野平は例の大人になった一本の顔を使い、実績をあげた。大人になった一本の顔は、野平の顔として広く認知されるようになった。

「ところで一本さん」

 過去、毎朝鏡の中に見た己の、ぱっちりした二重が目の前で空を見上げている。野平と二人で休憩に出たカフェのテラス席、テーブルに運悪くべったりと鳩の糞がついていた。野平と一本は瓜二つの顔をした大人とこども。はたからは親子と思われているかもしれない。

「社会人としてやっていくために顔をつくるっていうのは、ちょっと語弊がありませんか」

 外回りの営業として、毎日、社会から顔を要求され生きている野平を、よくやっていると褒めたらそんな返事が来て。

「語弊?」

「顔なんかなくても、俺は、社会人やれますし、……貴方だってこどものまま社会人やれてるじゃないですか」

 ありのままの姿を認めてくれない社会に、不満を持つもの同士、愚痴ろうとしたのに。野平は一本と違う視点で、己の顔なしをとらえていた。

「顔がないと何か言われる社会で、……大人じゃないと何か言われる社会で、俺達は苦労してると……、思うんだけどな」

「俺は、割と楽しんでますよ」

「……」

「俺、貴方の顔、好きなんで」

 堂々とこの顔使える今の環境に、満足してます。と続いた野平の言葉が一本の耳穴に届くことはなかった。一本は照れて、耳を塞いでいた。野平は一本と同じ顔をしているが、同じ声ではなかった。野平の声を聞くと、どうしても野平を意識してしまう。野平が笑いながら、顔を近づけてくる。野平は己の顔を、より一本の顔に近付けようと、やたら一本を観察してくる。しかし、どんなに野平の顔が一本に近付こうと、一本を愛しそうに見つめて微笑む、その顔は、一本の顔ではない。

 もはや、野平には顔がある。一本の体は、まだない。

 

 

web拍手

◆小ネタ『冗談』(堅物サド×神経質なナンパ師、面倒見の良いオラオラ系)

 キケロとエリックは冗談がうまい。その場に四人いれば四人笑う、七人いれば七人笑える冗談を言える。俺は人を笑わせるのが好きだが、滑りがちだ。

「えっ、何て言った?」

 上手い冗談を言えるようになりたい。繰り返すとエリックは唇に拳を当てて頬を膨らませた。

「既に神級だろ」

 含み笑いをしながら、キケロが茶化す。キケロ宅のキッチンに降った俺の爆弾発言は、キッチンに立っていたエリックだけじゃなく、キッチンから四歩くらいのベッドで寛いでいたキケロにも届いていた。

「何、ゴドー、面白い男になりたいの?」

「面白い男になりたい」

 ぶっふぉ、と今度は盛大に噴き出して、エリックは俺をまじまじと見た。

「いや、もう、充分面白いけど!!」

「こういう面白さじゃなくて、その、……なんだ、……故意に人を笑わせたい」

「「……故意に人を笑わせたい?」」

 ついに二人は声を揃えて、俺の言葉を繰り返すと、ぷるぷると震えはじめた。俺は、ひとつ咳払い。二人が落ち着くのを待った。

 これくらい待てば充分だろうというところで、二人の様子を伺う。恐ろしいほど静かだった。はぁー、と溜め息をはいている。そろそろ。

「俺は、……真面目に、面白いことを言いたいんだよな」

 意思表明、二人は盛大に噴き出した。

「どうしたら言えるようになるんだろうな」

 首を捻ると、いよいよ二人は呼吸困難になってきて、既に言ってるから!!とエリックが叫び、キケロはベッドの柵に捕まってビクビクしはじめた。

「おまえ、コレ新手のテロだからな!!」

 笑い過ぎて涙ぐんだキケロに指摘され、俺はますます首を捻る。

「なんか違うんだよな」

「何が」

「こういう笑いじゃなくて……こう、なんだ、さりげない優しさをスマートにくるむ笑い……というか、うん、……格好いい冗談っていうのか、俺は、格好いい冗談を言って、エリックをときめかせたい」

 冗談が得意な二人から、本気で助言が欲しかったので恥をしのんで妄想を晒すと、いよいよ二人の笑いは止まらなくなって、そこから先は何を言っても笑いだす始末だった。

 

web拍手