からめ

からめ

小説担当むーと漫画担当みーによる創作BLを公開しています。

『黒歴史』(落ちぶれた天才×ツンデレ)

例えば、悪魔というだけで美麗な外見を期待される。ペラペラに英語が喋れる事や、女性のエスコートが上手い事を求められる。これは完全な偏見で、迷惑な差別だ。 「マルセル、髪、汚ねぇ」 バシンと頭を叩かれて、はっとして顔を上げるとチームリーダーの大…

『天邪鬼』(ろくでなし×ツンデレ)

天野と出会ったのは刑務所の中だ。当初、見た目の愛らしい天野は犯罪者どもの便所になっていた。助けたら懐かれ、懐かれて悪い気がせず、用心棒をしてやるようになったら、絆が生まれた。天野は、俺にだけは体を許し、俺は俺以外が天野に触るのを防ぐ。それ…

『お任せします、要さん』(マイペースエリート×庶民派苦労人)

妖怪タウン、地下四層にある要家の大家族十七人が住まう長屋に、朝一番の怒号。 「安栗ーっ、こんの親不孝もんがーッ!」 また安栗である。親父がキレているから、早く止めねーと、と飛び起きた要を、目眩を伴う頭痛が襲った。酒なんてもう二度と飲まねー。…

怪PR社 目次③

目次①へ 目次②へ ◆小ネタ 『夜の虫けら』(執着攻め×強気受け) 鬼李が深夜にふと目を覚ます時、隣に寝ている永吉はたいてい、猫のように丸くなって呻いている。呻き声で目が覚めたわけではなく、直感的に意識が隣に持ってゆかれて目が覚める。昔より頻度は減…

『お願いします、要さん』(マイペースエリート×庶民派苦労人、執着攻め×強気受け)

お願いします要さん、と滝神に言われ、やって来たのは営業部フロア。透けた壁が全体を広く見せる設計が特徴的で、常に誰かが電話で外部と話をしており、フロアの至るところで簡単な情報交換や営業戦略などのやり取りの声が聞こえる。このフロアに入ると、要…

別れ話(後ろ向き×自由人)

別れませんでした。よかったね!

大妖怪の皇帝×ボロキレ妖精④

つづく。 掲示板作ってみました!よければ是非!話しかけてやってください〜!!

黒羽の服を着た雲

体格差萌え。

大妖怪の皇帝×ボロキレ妖精③

つづく。

◆小ネタ 『座らない人』(天然攻め←ナンパ受)

長蔵はその日、東武バスを利用して川越駅に向かっていた。何気なく窓からの景色を眺めていたら見覚えのある顔がバス停の向こう、心臓が高鳴る。遠くからでもすぐにわかる、焦茶の長い髪とハッキリした顔立ち。真っ直ぐひかれた形の良い眉と、平行した切れ長…

一日一絵(永吉)

むーさんと作戦会議&ネタ語りに泊まり込みで遊んでいます、た、たのしい〜!!

キャラクター一覧

あ行 随時更新

一日一絵(天野 七郎)

天野の衣装案。

一日一絵 ポニテハンクさん

無神経 目次①

タイトルをクリックすると作品に飛びます 小説・漫画 世界観&キャラ紹介漫画① ② ③ 漫画小ネタ① 『ルキノと緊縛』(奇人宗教家×ヤリチン) 『ソウボウキン』(奇人宗教家×ヤリチン) 『カマ言葉で喋っていいか?』(隠れオネェ×気弱男子) 『衆人環視』(隠…

無神経 小ネタまとめ

一日一絵

山神とえいちゃん。怪Pのまとめページを作ってみました。ブログの上部から飛べますので、ぜひ楽しんでいってください!!

怪PR社 目次②

タイトルをクリックすると作品に飛びます 『お疲れ様です、要さん』(マイペースエリート×庶民派苦労人) 21世紀の妖怪世界は、人間世界とほぼ同じ。 妖力や貧富の差はあれど、経済で回る仕組みが作られ、ほとんどの妖怪は人と関わらず生活している。人を襲…

怪PR社 目次 

タイトルをクリックすると作品に飛びます 目次②へ 目次③へ 小ネタ漫画まとめ ① イラストまとめ ① 『小豆の熱』(生真面目×俺様) 「あら太ぁ~」 廊下から、間延びした低い声が自分を呼んだ。 牛鬼が長いトイレからやっと帰って来たのだ。 まとめた書類を鞄…

一日一絵

エリック・ヴェレノ 現在ブログを見やすくするために少々ゴチャついてますがすっきりさせますので少々お待ちください〜

大妖怪の皇帝×ボロキレ妖精②

第2話です。つづく

一日一絵

イオニア・フィオーレ

◆小ネタ 『カンタンな方法』(マイペースな腹黒、我が道を行く堅物、天然な俺様)

トート・マグランはいつも一人、不機嫌な強者として廊下側後ろの、真横に柱のある席を陣取って寝ていた。物音を立てる者がいると、容赦なく妖圧を掛けてくるので、休み時間には皆そそくさと教室を離れる。地下一層、ほとんどの生徒は地上にある妖怪企業に就…

一日一絵

コルクとマルクス。おじさんがコルクです。

一日一絵

グイドさん×トート。

一日一絵

一日一文のリャマハンにとても萌えました…

◆小ネタ『気になる股間』(八割男性×自由人)

「今月、調子どうですか?」 「おはぁぁぁ?!」 様々な形のコピー機や、製本機械、文房具の置かれた準備室の壁際、コピー機前待機中にスマホを起動させたその時、その油断しきった耳に突如湿っぽいイイ声が注がれれば誰だって叫ぶ。 「ハンクさん……っ」 ハ…

一日一絵

キケロ×ルカス。いちゃいちゃさせるつもりがしませんでした

◆小ネタ 『湯たんぽ』(強面俺様×強気な相方)

永吉という男は、とにかく身近で都合のいい男だった。性欲をぶつけるのに丁度いい。お互い慰めあうために交わっていた。 「ウ……、ぁ、あか、き……、はぁ、ウ……んぅ、んんッ……ん、んく」 ずっぷずっぷと永吉の尻穴に、猛りを勢いよく挿し込んで、永吉の内側で…

一日一絵

ゴドーとエリック。