からめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からめ

創作BLを公開しています。

『ソウボウキン』(奇人宗教家×ヤリチン)

 回ってしまうと何てことはない、受身の立場は楽だった。

 ルキノは男に慣れていた。痛みのない挿入は心地良い。心地良いが何だかむなしくて馬鹿らしくて惨めだった。

キケロはやめておけ・・・」

 行為を終えた枕元。向こうを睨むルキノの声。

「別に狙ってねーよ」

「狙うとか、狙わない、という問題じゃない」

「……意味わかんね」

 ルキノの太い背骨の周りには筋肉が詰まっている。それを指で押す。堅い。

「くすぐるな」

「感覚あんの?」

「過敏だ」

「……」

 穏やかな悪戯心に、口端が上がる。そっと唇をつけ吸ってみた。反応なし。

「よせ、おとなしくしていろ」

「あ?」

 子ども相手かのような、呆れ半分の声に、急激に愛しさが萎んで腹が立つ。テッドの部屋は、テッドとルキノを収納すると、即、むさくるしさで暗くなる。

 留守がちな両親は、この部屋が何度性交の場として使われたか知らない。開けてある窓の向こうは雨雲で白く、もしかしたらパラパラと降っているかもしれない。

「おまえの、その流されやすさが俺を苛む」

「快楽に弱ぇのはマグランの血だからさ」

「……」

「許せよ」

「……マグラン」

「犯罪者になってないのを褒めて欲しいな、俺はダイブまともな方だ」

「……」

 こちらが不愉快になるだろう答えを吐きたかったのだろう。そういう時、ルキノは黙る。黙るルキノは大人らしくて好きだった。

 つい先日、テッドを手酷く振ってくれたポートも素になると良く黙る男だった。そこに大人っぽさを感じていた。  

 否定的な事を言わざるを得ない時、そっと黙って後味に残す。

「おまえのだんまり、嫌いじゃねーな、……優しいよな」

「随分好意的に解釈するな」

「おまえのこと結構好きだし」

「…………、アンガスは……」

「ん?」

「いや、いい」

「昔の奴の話ぐらいでキレねーよ、どんだけ俺をガキ扱いすりゃ気が済むんだ?」

「……アンガスは、よく、言いたいことがあるなら、はっきり言えと苛ついた」

「は、あいつらしい」

 ルキノは口下手で、アンガスは饒舌。正反対の男二人が、よく結ばれていたと思う。ルキノは口を開けばアンガスか、良くわからない宗教の教えを説く。退屈な男だったが、雰囲気は悪くない。話をほとんど流していても頓着しないところが好きだった。

 まだポートを求めている心の穴に、煙のように充満してくれる。

 ルキノの存在は、テッドの心の痛みを和らげる。

「なぁ、ちょっと動けよ」

「何がしたいんだ?」

「おまえの背中の筋肉がセクシー、見とれたい」

 大人しく、身じろいでくれたルキノの背に触る。武に秀でた男の背。羨望に混じり、性的な衝動が胸を打つ。兵士特待生の顔見知り、身近な二人を思い浮かべる。あのスマートなキケロや、武骨なゴドーの背も、こうなっているに違いない。兵士の訓練を受けた者と、そうでない者の違いは肉体にある。ゴドーの背は体育の、着替えの時にでも見てやろう。キケロの背は、と想像して顔が沸騰したことに気づく。異様に高鳴った心臓と、キケロで興奮した己を責める心。  

 -キケロはやめておけ。

 数分前の、ルキノの台詞が頭に響く。ポートへの強い執着と欲望とは別、 とても美しい匂いのする妄想だった。何も考えられない、ただ想像するだけでも背徳を感じる。

「俺、は、キケロさんに恋でもしちゃってんのか?」

 その感覚に恐怖を覚えた。ルキノが否定してくれれば、安心できるだろう。口にして後悔した。

「……そうだな、恐らく」

 ルキノは良い意味でも悪い意味でも正直な男だった。向き直ったルキノの目は冷たく焦っていた。

「後ろを向け」

「なんでだよ」

「いいから向け、顔を見せるな、苦しい」

「っ」

 半ば強制、向こうを向かされ、使ったばかりの穴の表面を擦られる。

「……ン」

 すぐに指が中へ。

「……っぅ、ぁ、」

 ゆるゆると奥へ。

「っはぁ、……っぁ」

 ルキノの求めは急だったが、行為は心地良いし、嫌なことを忘れられる。拒否する理由がない。

「おまえなんか行きずりだ、手を組むついでに抱いている」

「あ?!」

 呟きに反応してみたが、体内の指が止まらない。意識がそちらに連れて行かれる。

「精神は伴わない、肉体があればいい、そういう相手だ」

「……は、ぁ、アっ……」

 指が抜けすぐに、ぬる、と良く知った形の一物が侵入して来て目を瞑る。

「っぁ、……アァ、ぁ、はぁ、」

「俺ばかり背を向けられる、俺の何がつまらない?」

「つ、はぁ、……なん、……んぁ、」  

 中を摩られる感触に夢中になり、頭が働かない。

「ぁぁ、……ん、……うごっ、もっ……奥、……ァッ」

「俺を好きだと言え」

「すぃ……ルっ……ぁ、すき、だか、おまえのもっと太いトコ、……んく、まで、中つっこんで、っぁ、太いトコで、はぁ、もっとさすって……っ」

「っは、商売ができるぞテッド、……っこれ以上煽るな、意識はあるか?マグランの血は、淫乱の血なのか?っ、似合いだな!おまえはいつもマグランマグランと、下品で卑しいマグランの、その血の何が誇らしいんだ?」

「っ……は」

 罵られ、少し冷静になるがすぐに中が動く。

「っや、……だめ、頭白っ、……なっから、待っ」

 細かい振動が与えられ唾液がたまって行く。

「はン……ぅ、はぁ、あ、はぁ、……っぁ、あ、ア」

 トントントントンと肉がぶつかっては、広がった穴に擦れる感触。ルキノの息の音が聞こえ、己の息の音に混じり目が回る。抜けては刺さって来るルキノのものが体内をとかす。

「すき、おまえとの、いい、……ほんと、イ、あっ……い……っはぁ、……すき」

 熱い頭と息と目頭が、しばらく時間を止めていた。気づいた時には体内からルキノの感触が消えさり、先ほどまで高温で、強い存在感を示していた下肢が物足りなく冷めていた。

「ん?!」

 マグランは下品でいやしい。その血の何が誇りか。今になって暴言が胸に刺さり、顔が険しくなる。

「おい、さっき、……」

 言い掛けて、部屋の物悲しい空気に呑まれる。ルキノは去っていた。どれ程呆けていたのか。ルキノの退室にも気づかなかったとは。

 ベッドの上は涎と、精液と汗でグショグショな上、身体には疲れ。水気で冷たい身体の下からは異臭がする。色々な面倒を置いて帰ったルキノに憤りを感じ、何も考えずに携帯を手に取って電話をかけ、また思い出す。俺のことを好きと言え。そんなことを言っていたルキノの心中に合点が行く。わかりやすい男。アンガスはポートに夢中。テッドはキケロに恋してる。それは気に食わないだろう。怒って帰りもする。

『悪かった』

 電話の第一声が、謝罪で思わず微笑んだ。

『何が?』

『心にもない暴言を、……それと片付けを任せた』

『任されるつもりはねーよ、戻って来い、 暴言は心になかったっていうなら信じる。あと、キケロさんのことだけどな、仮に恋でも発展はしねーから、雲の上の存在すぎて近づけねー、おっかけとかしてる女にひっかかったみたいな、そんな気持ちで向き合ってくれる気ねーかな、もし二択、おまえとキケロさんどっち選ぶとかになったら、おまえ選ぶから。

 だから傍にいてくれ。

 俺の時間全部、できる限りおまえで消費したい、おまえのこと好きだ』

『……同じ言葉を贈りたい』

 鼻声。何で泣いてんだ。どーした。

『泣くな』

 嗜めるとグスッと音を立て、『ああ』と涙交じりの返事が来て笑う。こんな素直な人間は初めてだ。男も女も、普通はもっと捻くれて、体面を取り繕うものじゃないか。 

 テッドが相手をして来た者達の中、明らかに異色。寂しいからと呼ぶ癖、寂しさを隠すキーチ。独占欲の暴走を恐れ、別れを選んだポート。ポートの好意を貪欲に求め、執着されたくて突き放したテッド。ポートが混乱し、苦しんでいたことに気づかなかった。キケロを想うテッドの、遠巻きな心と同じよう、強すぎる気持ちは離れていないと辛いこと。ポートが焦がれる痛みに、負けたことを責められない。

 平常で居たい。生ぬるい幸福の心地よさに浸っていたい。

『テッド、聞いてるか?どうした?テッド?』

 自分に、キケロに立ち向かう気がさらさらないこと。ルキノの安心感を、何より大事に思っていること。自覚して初めて、ポートの葛藤が骨身に沁みた。

『ポーラと俺が、似たもの同士ってことがわかった』

『……?、……愛してると言ったんだが』

『え、まじで?!……悪い、もっかい頼む』

『聞いていろ馬鹿者、もう二度と言わん』

『いや言えよ、せっかくだから聞きてーよ、俺も言うから!』

 プツ、と音がして回線が切れた。

 数分後、不機嫌なルキノが戻って来た。

 

 

 

2016/2/18