からめ

からめ

創作BLを公開しています。小説担当むーと漫画担当みーでお送りします。

『ダッシュ』(ぼんやりモテ男×平凡)

目の前で。
すぐ目の前でカルロがエリックに引っ付いている。
エリックは黙って引っ付かれている。

俺がやったら怒るんだよね。


見るものを焼く勢いで、二人を睨んでいたら、

「リオネ不機嫌」

横でチェコがぼそりと呟いた。


エリックはチェコの言葉を気にせず、リオネをないもののような態度でページを捲った。せめてこっち向けよ。
座ったエリックにカルロが被さって、エリックとカルロは雑誌を見ていた。

「なんで?」

チェコはリオネを横目で覗きながら、白々しい質問を投げて来た。

「わかるだろ」

エリックにカルロが引っ付いているから。
エリックがそれを許しているから。
俺がやったら怒るくせに、カルロには怒らないから。

「ん……」

チェコはリオネの顔を見て、下を向いて、エリックにチラッと目をやった。

「わかんない」

意図して、わかろうとしない。
というチェコの意思を感じて顔を顰める。

チェコはリオネに懐いていた。

人間を愛しているわけではなく、ただその注意を向けておきたいために人間に構う猫のよう。チェコは気まぐれに人に懐く。これまでリオネは、チェコが懐くのは女だけと思っていた。
懐かれた女は、大体、チェコの持つ奇妙な色気にやられてのぼせ、チェコに構い倒し、チェコに飽きられて捨てられる。
リオネ……男友達に懐く、というパターンは初めてだ。

エリックの雑誌を捲る手が止まって、その細く滑らかな指が移動する。
ゆるく丸く、握られて、頬杖。

「リオネ、居心地悪いからあっち行って」
「え……」

「変な目で見ないで」

「……見てない」
「見てなくても、俺には、ちょっと不快な視線だったの」
「な……!」

かっとして、言葉を失う。

愛しくてたまらない存在から、無碍にされる苦しみを、こいつは味わったことがあるのか。

悔し涙を堪えて顔を隠すように、ぎゅっ、とエリックに抱きついてみた。
ビクッとエリックの身が震え、脇腹に肘鉄の痛みが食い込む。

「ちょ?!リオネ乱心!俺挟んでる俺挟んでる」

カルロごと抱きしめたので、感触はまばら。カルロが暴れて逃れた。
と、同時に頬に拳骨が来た。エリックに殴られた。
跳ね飛ばされ、教室内の全てと視線が合う。
チェコが庇うよう抱きとめてくれて、どうにか転ばず。

パシンと音がして顔を上げる。

チェコがエリックをぶっていた。


「え?!」
「わっ」

俺、カルロが短い悲鳴を上げた。
チェコとエリックはあまり仲良くない。
そんな二人がぶつかるのは宜しくない。

「抱きついたくらいで殴ることないじゃん」

チェコの主張に、

「俺の勝手」

エリックの答え。


「おまえちょっと自意識過剰」
「君みたいな鈍感にはそう映るかもね?でも俺は、リオネが怖いんだよ」
「わけわかんねぇ、リオネが何したんだよ」
「欲情してるから、俺に」
「はっ!……だからそれが自意識過剰だって……!おまえ見てると苛々する!」
「じゃぁ見なければいい、……俺に、関わらなければいい」
「そんなのわかってる、それができたらいいけど」

勝者はエリック。チェコはリオネを見た。
助けて欲しそうだが、どうしたものか。

「二人とも仲良くしろよ」

咄嗟、出た言葉にチェコは顔を顰めた。

「まぁ、ダダも最初はこうだったよな」

カルロが場を和ませようと、軽い声を出した。
カルロの明るい表情に、教室が視線の包囲を解いてくれた。
四限の自習時間は、まだ始まったばかりだった。
皆、この一時間半、何をしようか考えるのに忙しい。


「あ、リオネこれ」

エリックが唐突に、折畳んだ紙を取り出した。
受け取って開くと、お菓子のレシピ。
エリックの趣味は料理で、前にエリックの作った菓子を、家に持ち帰ったら母親が気に入り、レシピをもらって来て、と頼まれた。

「ありがと!」

「うん、さっきは流れで嫌な言い方してごめん」
「いいよ、本当のことなんだろうし」
「まぁね、あ、気を悪くしないでね、早く他に好きな相手探して」
「あの、口癖みたいにフるのやめてくれる?なんか麻痺しそうだから」
「……」
「俺、うざい?」
「別に」
「ホント?!」
「友達じゃん」

太い縄が目の前にドン、と落ちて来たような。
エリックの澄んだ青の目がじっと見てきていた。
呆然とその目を見返している隙に、手から何かをもぎ取られる。
気が付けば、レシピの紙を、チェコに奪われていた。

「え?」
「これ、捨てるから」

そう言って、チェコは足早に教室の出口に向かった。

「え!ちょっ!」

追いかける。前を行くチェコが走り出して、舌打つ。
ああもう、手の掛かる奴。

チェコ!」

名を呼ぶと、振り返ったチェコの顔は曇っていた。

「返せよ!!」

ぐん、とチェコの速度が増し、焦る。
階段を降りようと、曲がったチェコを追った先、ジェキンスの寮生であるチェコの身体技に、あっと息を飲まされた。
階段の手すりを飛び越えて、一段下の階段の手すりに、さらにその下の手すりに。

チェコは一階まで、階段をショートカットしてしまった。
対するリオネはまだ三階。

見失う。

エリックがくれた、エリックの書いた字が書いてある、エリックがリオネのために作成したものが、捨てられてしまう。

チェコの真似をして、手すりを飛び越える。
ヒヤリと嫌な予感がして、腕に力を込め、手すりにぶら下がる。
下の手すりまで、二m程。

綺麗な着地を、できる気がしない。

踏み外したらどうなる。
手すりは幅細く、滑る。目が回る。階段の、規則正しい景色がリオネの心臓をどくどくと鳴らした。

「何してんだ馬鹿」

下から、チェコの怒鳴るのが聞こえた。

「手、離すな、今そっち行くから」

そうだ、もし怪我をしてもチェコが居るなら、救急処置なりしてくれるし、人も呼んでもらえる。
安心したら、急に、手すりが近く見えた。
思い切って、手すりに降り、バランスを取る。
チェコは階段を使って登って来ているらしい、カンカンと音がする。
登って来たチェコが、あっ、と声を上げて逃げ出した。
リオネは手すりに腰を掛けて、悠々とチェコを待っていた。

人間に騙されて、驚いた猫の後姿。
可笑しくなり、笑いを抑えながら、追いかけた。
この時間は移動教室が多く、空の教室が目立つ。
通り過ぎた授業中の教室の中に、ダダの姿があった。
目が会って、手をふると怪訝な顔をされた。

廊下を歩いていた教師の叱りを受けながら、高庭に出た。

あまり来たことのない、いつもは女子生徒で溢れている高庭。
二階の右端から行ける、噴水が綺麗な、洒落た空間。
二階より長い一階の屋上を利用している。
緑に囲まれて、花々が一年中咲いている。
風が吹いて、花の香りを運んだ。
空をバラバラとヘリが飛んでいる。
授業をしている教室もある学校の緊張感に襲われる。
背徳感と、高揚。

リオネはチェコを追い詰めた。
チェコは紙をしまった手を後ろに隠して後退し、大きな体を前のめりに、左右を見た。そして、紙をポケットに仕舞うと今度は前進。
前進されると、急に不安になり、リオネは逆に後退。

「リオネ」
「返せよ」
「なんで逃げるんだ」
「返せ」
「止まれよ」
「返す?」
「返す」

チェコがまた一歩、こちらに来る。
この焦燥感は何だ。

チェコ?」

目の前に来たところで、たまらずに名を呼んだ。
瞬間に抱きつかれ、驚いて言葉を失った。
何だ何だ、何が起こってるんだ。

「俺だって抱きつきたい」

耳もとで、チェコの高いとも低いとも取れぬ、わがままな響きを持つ声がして、腰が痺れる。冬の朝のような、例の、冷たい香りがする。
チェコにこの香水を送った女は、今どこで何をしているのだろう。
猫の気まぐれに付き合って、捨てられた女は。

「キスするけどいい?」

鼻先で、猫科の男は許可を求めた。

「駄目」

駄目に決まってる。

「なんで」
「駄目だから」
「きもい?」
「きもくはないけど変、っていうか、ん、きもいか?」
「きもいのかよ」
「難しいな」
「どっち?」

少し顔を離して、間近で見つめられる。
チェコは無表情に、黒い目で、リオネを観察して来ている。
リオネの次の動きを待っている。
猫のよう。獲物をじっと、夢中で、眺めている。

「きもいっていうか、駄目?」
「俺は駄目なの?」
「は?」

俺は、の「は」とは。
他は良いのに俺は駄目、という意味だ。

そうか、そういうことか。

チェコはリオネの男色に触発されている。
ふらふらと何を考えているのかわからない男、チェコは、その実何も考えていない可能性がある。これまでもうすうす、チェコは単純なのかもしれないと感じていた。その確信を得た。
チェコは男色というものを、リオネを通して知った。
リオネがエリックに恋をする様や、ブルーノを買う様を見て、どういうものだろうと興味を抱いたのだ。

「リオネ……」
「っ」

つん、と唇に唇が当てられた。そのまま唇を舐められる。
どう反応しようかと迷っていたら、目の前に悪戯っぽい猫の微笑。

「駄目なのにしちゃったけど、怒る?」

呆れて、全身から力が抜けた。この男……。

「お」

喋ろうとして開いた口の中に、舌が差し込まれた。がっつりだな。
背に回された手が、ぎゅっと身を締め付けてきた。

深いキスを終えて、チェコは少し満足気にリオネを解放した。

「なんかスッキリした」
「あっそう」
「あっそうって」
「さっき言いかけたことだけど」
「ああ、何?」

怒らない?って質問に答えてやろうというんだぞ。
何、じゃないだろ。

「怒らないからお金貯めろ、ブルーノさん紹介してやるから」
「……」

す、チェコが寂しそうな顔をして、まずいことをした気分になる。
初心者にいきなり男娼はまずかったか。

「いや、冗談」
「うん」

チェコは、リオネにその道を求めている。
リオネが引き摺りこんだようなものだから、当り前かもしれないが。
このままではチェコと恋人同士のような関係になってしまうんじゃないか。チェコに限って、そんなことはない気がする。でも。

もしそんなことになったらエリックが喜ぶ。
リオネがエリックを諦めたと。
そんな場面嫌だ。泣いてしまう。

「俺は、抱くのしかできないよ?」
「だ、そんなことまで考えてねーから」

やってしまえば気が済むだろうかと提案したら一蹴された。
良かった、友人と肉体関係を結ばずに済みそうだ。
そうだろう、少し興味がある程度ではキスで満足だろう。
これでチェコの気まぐれも近々終わり、またエリックに甚振られる日々に戻る。憂鬱だ。

リオネに懐いてくるチェコ
チェコの存在は、リオネを慰める。
気が付かなかった。チェコは、リオネを癒していた。

「おまえのこと好きだな」

チェコが呟くので、

「うん……、俺も」

答える。

「あ、変な意味じゃなくて」

慌てて付け足す。

「うん」

チェコの表情からは、気持ちが窺えない。
何を考えている?

結局授業の終わりまで高庭で過ごし、教室に戻るとエリックとカルロにダダが加わっていた。そして、リオネとチェコの追いかけっこについて二人から事情を聞き、にやにやした。

「リオネはもうチェコとくっつけよ」

何を言い出すのか。エリックの前で。

「デカブツ同士、お似合いだよ……顔の位置が近くて、キスしやすいんじゃない?」

エリックもにやにやしている。泣きそう。
カルロはチェコとリオネを交互に見て、にまっと笑った。

「そういや前にさー、リオネ、チェコのことかっこいいって、やたら褒めてたよな!」
「っ」

今、ばらすなよ。今。

「そー!チェコみたいな色気があればとか……」
「いや、まぁ、……言ってたけど他意はねーし!
 何だよくっつけばって、俺が男で好きなのはエリックのみだし」

ばん、とエリックが机を叩く。

「白けた、話題変えよ」
「っ」
チェコも照れちゃって顔赤いし」

振り返ると、本当に顔の赤いチェコが居た。
ぎょっとして、カルロの肩に捕まった。

「かっこいいとか、言われ慣れてないから」

チェコが言い訳し、ダダがけっと鼻を鳴らした。

「歴代彼女は言ってくれなかったの?」

すっかり吸い辛くなった空気に参りながら、リオネは質問した。
チェコは事実もてていたし、かっこいいという言葉が似合う。
友達の欲目かもしれないが、街中で「ああ、かっこいい人だ」と思えるぐらいには雰囲気がある。

「かっこいいとか、言われたことない」
「へー」
「猫っぽいって言われる」
「ぶっ」

思わず噴出して、鼻が出た。
確かに猫っぽい、とエリックが言う。

猫っぽいチェコの、猫っぽい仕草。
手に、すりっとチェコの手が寄って来た。
心臓が跳ねて、思わず避ける。
避けたのに寄って来る。どくどくと脈が。
少し意識してしまっている。当たり前だ。
高庭でいちゃついた後だ。

手の中に、紙が入れられた。


あ。


返してもらうことを忘れていた。



0:50 2011/12/08