からめ

からめ

小説担当むーと漫画担当みーによる創作BLを公開しています。

『トイレの精』(強気攻め×気弱受け)


 同性愛者の自覚があり、同性愛者の集まる店に行った。
 二十も中頃、故郷ヴィンチでは父親になっているのが普通、という年齢で、俺は「恋人」に飢えていた。ヴェレノは同性婚が認められているし、真面目に「相手」を探すのもいいかと思った。

 赤っぽい照明がゆらめく店内とは打って変わり、淡く白い光を放つ大理石が壁になっているトイレ空間。高級店というのは、細部に拘るものなのか。太古の神殿と見まごう手洗い場の景色に感心していた俺の目の前、手洗い台に腰を掛ける、何かの「精」のような青年が居た。

 青年は華奢で見目が良く、陰気な艶を持っていた。見惚れて立ち尽くしている俺に気づくと、困ったような顔で、下から覗くような視線を寄こした。笑いかけると、じっと見つめて来る。
 横に座ってもかまわないだろうか。
 そろそろと近づいて、腰を並べる。
 傍で観察すると、優しく脆そうな顔の作りや、今にも折れそうな身体全体などが、とにかくこちらの性欲を刺激する。何者だろうか。プロの人だろうか。
 俺は性的に盛り上がることが、難しいタイプの人間らしく、なかなか興奮することなどないのだが。先程から身体の端々が熱い。血の回る速さが異常だ。後でどんな額を請求されても良いから、とにかくこの欲を叶えてもらいたい。どうすれば。

「もしかしてトイレの精?」

 混乱して妙なことを口走ってしまった。

「はい」

 肯定の返事が来るとはな。ノリの良い奴だ。

「悪かった、冗談だ」

 言いながら笑う。こちらが笑えば、笑い返してもらえるかと思ったが、
トイレの精は無反応。

「少し酔ってるんだ」

 言い訳にも無反応。

「なんかここ、居心地良いから、いっそ、このトイレの精になりたいよね」
「あ、いや、何ていうか、何かの精っぽい、と思ったから、見た時」
「何かの精?」
「なんか神聖な雰囲気、つぅか」

 ふふ、と鼻に篭った笑い声を上げ、トイレの精はやっと眉を下げた。笑顔に悩殺され、天を仰ぐ。そしてまた視線を戻すと、ばちりと目が合う。ダメだもう、見てると……。
 昔から我慢というのが苦手で苦手で。欲望にすぐ負けてしまう。
 この時も秒で負けた。
 トイレの精の、唇の傍に口付ける。殴られたら押さえ付けて。いや、こんな壊れそうな相手に暴力なんて。でもこれ程、やりたいと思う奴に出会えたのに。

「駄目だよ、俺は違うから」

 精は殴って来たり、暴れたりはしないで顔を背けた。少し長めの金髪が隠していた首の隙間が現れて、いよいよ俺の内側に、火が着いたのが感覚的にわかった。何としても、得たい。

「付き合いで来てるの、ヘテロなんだ。
 そういう行為には応じられない。
 ごめんね紛らわしくて、酔いを醒ましてただけ」

 やはり、下から伺うような目で、自分が男に不慣れであることを暴露するトイレの精、無防備にも程がある。大丈夫か。

「名前は?」
「え?」
「偽名でいい、思い出に残す」
「思い出……? そんな大層なこと何も……」
「おまえが凄く好みだ、出会えて嬉しい、話ができて浮かれてる」
「……、タカ」
「タカ?」
「タカ」

 こちらは確認のふりをして、こっそりと向こうの腰を持ち、悦に入っているのだが、タカはそんなことには気づかず、名乗るのに精一杯。なるほど、この世界をわかっていないぞこいつは。隙があれば、ぐいぐい責めて来る相手からの、逃げ方を知らない。あんな雰囲気を醸しておいて、不慣れだと?

「タカ、指にキスは? 駄目か?」
「指?」

 返事を待たずに口付け、そのまま指の股を舐めた。男に免疫のない人間が、急にこうした行動に出られると、停止することを知っていた。タカも例に漏れず、口を小さく開けて声にならない声を上げ、固まっている。狙い時。今度は唇にする。舌を入れると、さすがに抵抗の手が背中を叩いた。

「指って」
「次は首」

 腰を摩ってやりながら、首、耳の下、服の上から乳首、と早いペースで濡らして行く。

「待っ、だから、俺は違っ、んっ」

 服の上から、腿を噛んだ。タカは目を丸くして、俺を見ていた。自分の服に、俺の唾液が沁み込んでいくのを感じているだろうタカの内側で、壁の崩れる音。できない事と、できる事を仕切っていた壁が崩れ、できる事が一つ増えた瞬間。
 タカは熱い息を吐いた。いける奴だ。
 異性愛者だと言い張っていても、ふとしたことをきっかけにこちらに来る者が数多い。俺はタカを引き入れることに成功した。

「タカ、唇に噛み付いたら殴るか?」
「噛み付くのはやめて、痛いのは嫌だから」
「舐めるのは?」
「……」
「イイ?」

 即座に拒否できないのは、期待の現われだ。怖いもの見たさに、経験してみたくなったのだ。これから起こることがタカにとって悪い事じゃないよう、努力したい。癖になって、俺と二度目や三度目をこなしてくれたらイイ。

「こんなとこじゃ駄目だよ」

 積極的な台詞が、タカの口から出た。丁度良く人の足音が近づいて来たので、俺達は個室に入った。




0:34 2012/04/12