からめ

からめ

小説担当むーと漫画担当みーによる創作BLを公開しています。

『黒歴史』(落ちぶれた天才×ツンデレ)

例えば、悪魔というだけで美麗な外見を期待される。ペラペラに英語が喋れる事や、女性のエスコートが上手い事を求められる。これは完全な偏見で、迷惑な差別だ。 「マルセル、髪、汚ねぇ」 バシンと頭を叩かれて、はっとして顔を上げるとチームリーダーの大…

『天邪鬼』(ろくでなし×ツンデレ)

天野と出会ったのは刑務所の中だ。当初、見た目の愛らしい天野は犯罪者どもの便所になっていた。助けたら懐かれ、懐かれて悪い気がせず、用心棒をしてやるようになったら、絆が生まれた。天野は、俺にだけは体を許し、俺は俺以外が天野に触るのを防ぐ。それ…

『お任せします、要さん』(マイペースエリート×庶民派苦労人)

妖怪タウン、地下四層にある要家の大家族十七人が住まう長屋に、朝一番の怒号。 「安栗ーっ、こんの親不孝もんがーッ!」 また安栗である。親父がキレているから、早く止めねーと、と飛び起きた要を、目眩を伴う頭痛が襲った。酒なんてもう二度と飲まねー。…

怪PR社 目次③

目次①へ 目次②へ ◆小ネタ 『夜の虫けら』(執着攻め×強気受け) 鬼李が深夜にふと目を覚ます時、隣に寝ている永吉はたいてい、猫のように丸くなって呻いている。呻き声で目が覚めたわけではなく、直感的に意識が隣に持ってゆかれて目が覚める。昔より頻度は減…

『お願いします、要さん』(マイペースエリート×庶民派苦労人、執着攻め×強気受け)

お願いします要さん、と滝神に言われ、やって来たのは営業部フロア。透けた壁が全体を広く見せる設計が特徴的で、常に誰かが電話で外部と話をしており、フロアの至るところで簡単な情報交換や営業戦略などのやり取りの声が聞こえる。このフロアに入ると、要…